クレジットカード現金化に違法性はあるの?

HOME » クレジットカードについて » クレジットカード現金化に違法性はあるの?

クレジットカード現金化に違法性はあるの?

今回はクレジットカード現金化の違法性の有無について、お話したいと思います。
クレジットカードの現金化の行為自体は、法律による規制はありませんので、今のところ違法にはなりません。
そもそもクレジットカードの現金化は、どのようにやっているのでしょう。

クレジットカードの現金化は、クレジットカードのショッピング粋を使って商品を買い、その商品を買い取り業者に売却する、もしくは現金化業者が買い取りを行い、現金を手に入れるという方法です。
つまり、この行為自体は、クレジットカードで購入したものをただ単に買取りに出しただけですので、違法性はありません。
ただ、利用者はクレジットカードで商品を買っているので、クレジットカード会社に債務が残ります。
クレジットカードの現金化自体は便利なのですが、自身の返済能力を超えて高額な現金化をやろうとするのは止めた方がいいでしょう。

また、クレジットカード現金化は違法ではありませんが、自分でやるとクレジットカード会社の規約に引っかかる恐れがります。
クレジットカード会社の規約では、転売行為による現金化を禁止しています。
不正利用が疑われるとカード停止にもなりかねませんので、自分で現金化をやる場合は注意をしたほうがいいでしょう。

クレジットカードの現金化は、やはり専門の業者に任せた方が安全です。
業者に任せた方が、換金率も高いので、自分で買い取り業者に売却をするより高く買い取ってくれます。
換金率は70〜80%前後だそうなので、リサイクルショップに売りに行くより断然お金になります。

業者に任せると、換金スピードも速いです。
優良な業者では即日現金化をして、自分の口座に振り込んでくれます。
キャッシングとは違ったものなのですが、とても便利なサービスです。

また、業者を使えばクレジットカードを止められるリスクを回避できます。
自分で現金化をするより業者に任せた方が安全にできますので、まずはクレジットカード現金化業者とはどういう物なのかをチェックしましょう。