クレジットカード現金化を初めてやる場合の注意点

HOME » クレジットカードについて » クレジットカード現金化を初めてやる場合の注意点

クレジットカード現金化を初めてやる場合の注意点

クレジットカード現金化を、初めてやる場合の注意点についてお話します。
まず、クレジットカードにも、キャッシングのように金利手数料が掛かるということを忘れてはいけません。
ショッピングを仮に30万円ほど使ったら、1ヶ月に数千円の金利手数料が徴収されます。
ですから、クレジットカードの現金化は、乱用すると借金が残ってしまうことになるので余裕枠でやるようにしてください。
余裕枠ということが前提であれば、速やかに現金化できる便利なサービスだと思います。

あと、クレジットカードのショッピング枠を現金化するにあたって、商品を購入してそれを買い取ってもらうのですが、購入時より安くなることは知っておいた方がいいでしょう。
その差額分が業者の取り分になるからです。
とはいえ、リサイクルショップに下取りに出すよりかははるかに還元率が高いため、自分で現金化をやろうとするよりかは、断然お得かもしれません。

初めてクレジットカードを現金化する人は、業者選びにも注意をしなければなりません。
本人確認以外に、クレジットカードを預けたりしないといけないような業者には、依頼しない方がいいです。
個人情報を登録して、ショッピングをしてから、その商品を換金してもらうのが基本的な流れです。
クレジットカードを預けるようなことは、普通はやらないので注意してください。

貸し金ではないので、クレジットカード現金化業者への返済は必要ありません。
利用者は、あくまで商品を下取りに出しただけのことなので、業者とのやりとりはそこで終わりです。
ただし、使用したクレジットカードへの返済は発生しますので、カード会社にお金を借りたことにはなります。
返済のやり取りは、クレジットカード会社と行うことになりますので、注意しましょう。

ちなみに、クレジットカード現金化業者からの入金は早いです。
ネットで申し込んで、手続きを済ませたら、即日に入金があります。
土日も営業している業者もたくさんあるので、現金が入用になっている人にとってはとても便利。
まずは、ネットで調べてみましょう。