自分でクレジットカードを現金化する時の注意点

HOME » クレジットカードについて » 自分でクレジットカードを現金化する時の注意点

自分でクレジットカードを現金化する時の注意点

自分でクレジットカードを現金化する時の注意点は、転売を繰り返さないことです。
カード会社との利用規約には、現金化を目的とした転売は禁止されています。
バレるとカードが解約になってしまう恐れがありますので、気をつけた方がいいでしょう。

とはいえ、よほどあからさまな転売行為を繰り返していない限り、クレジットカードが解約になることはありません。
ただ、安全に現金化をするためには業者を利用した方がいいです。
業者を利用すれば、自分で商品を買い取りに出すより高い金額で買い取ってもらえますし、何より確実だといえます。

自分でクレジットカードを現金化する際のもう一つの注意点は、普通の買い取り業者は、新品の商品を買い取らないということです。
そのため、一旦は使用したものとして売らないといけないため、中古査定となります。
新品で購入したものが中古として買い取られるわけですから、かなり足元を見られてしまうわけです。
そう考えると、クレジットカード現金化業者に依頼した場合の買い取り額は、断然お得なものだといえます。
もちろん購入金額よりは買い取り金額の方が安いですが、それでもリサイクルショップなんかに売るよりましです。
その点を考慮すると、クレジットカード現金化は、自分でやるより業者に任せた方がいいのではないか?と考えられるわけです。

あと、現金化を繰り返すと、毎月のクレジットカードの返済額が高くなりますので計画的に利用しなければなりません。
大体30万円のショッピング枠を使うと、毎月14000円前後の返済をしなくてはならなくなります。
この14000円の内、4000円ほどはクレジットカード会社に支払う金利手数料分です。
返済計画が立っていない状態で現金化を乱発すると、後々大変な思いをすることになります。

クレジットカード現金化は、現金が必要な人にとってはとても便利なサービスです。
クレジットカードの返済計画に無理のない範囲で、クレジットカードの現金化サービスを活用しましょう。